現在、出会い系サイトにおいて「神待ち少女」が増えてきている。

「神待ち」とは、家での生活に耐えきれず家出をした少女が、泊まる場所に困った末、出会い系サイトにて男性の家に泊まることを求める行為だ。

なぜ神待ちをする少女が増えているのか?
また、神待ち少女を家に泊めることは可能なのか?

事実を元に調査してみた。

家出経験がある人は13%

すると、全体では約13%経験があると回答。年代別で見てみると、他の世代よりも高い割合だったのは20代で、その数値は16.5%。

若い世代ほど家出率が高いというのは、時代とともに複雑化している生活の多様性が、家庭環境をこじらせているのかも…。

インターネットや娯楽施設の休息な発達から、少女達が家出をすることは容易になってきているようだ。

驚くことに、家出経験者の39%もの少女が1週間以上もの家出を経験しているようだ。

グラフのデータから見ると、夏場7月・9月に警察による発見数が多い事がわかります。
やはり、少年非行の多い時期に家出をする子供が多いようです。
弊社でも、夏場にご家族の家出調査の依頼が多いのが現状です。 過去10年の件数で見てみると、年々減少していることがわかりますが、
弊社での依頼件数はあまり変化がない状況を鑑みると、警察で手掛けるような家出そう抱くは減っているが、難易度の高いような家出捜査の件数はさほど変わらなく続いています。

家出少女は探されない

まず、基本的に家出少女は警察に探されないようだ。

子どもなど家族が家出をしてしまったとき、真っ先に思い浮かぶのが、警察に家出捜索願いを出すということでないでしょうか。
しかし、家出捜索願いを出したからといって、家出した家族が警察の力によって見つかり、帰ってくる可能性は非常に低いです。

なぜなのでしょうか。まず、何らかの理由で捜索願を出されている人の数は、全国で約10万人存在しています。その中で、「特異家出人」と呼ばれる、事件性があったり、自殺の可能性があったりする緊急性の高い家出人の数は、3万人以上です。

警察は、主にこの特異家出人の捜査を優先して行っています。それでも全国で3万人以上存在するわけですから、捜査はなかなか進みません。

警察が自発的に家出少女の捜索をすることは、
事件の可能性が示唆される家出のみのようだ。

裏を返せば、家出少女は自分の意志で家に帰る、あるいは何らかの形で警察に接触しない限り、放浪をし続けるのだ。

家出少女が未成年の場合

家出人が未成年の場合

まず、家出をしていた未成年者が、補導などが原因で警察と接触した場合。

このときは、警察から保護者に連絡が入り、親元に戻ることになります。

原因が補導や事件性があるようなものの場合は、家出捜索願いの有無に関わらず、保護者に連絡が入るので、家出捜索願いが出されなくても同じことですね。

そのため、家出人である子どもが見つかったときには、援助交際など犯罪の事後であったり、事件に巻き込まれてからのことだったり…ということも少なくないのです。

家出少女は、やはり出会い系サイトを通じて援助交際や神待ちを行っている実態があるようだ。

家出少女が成人の場合


家出をする少女は、成人女性でもかなり増えてきている。

家出というと、未成年の子どもが行うようなイメージが強いかもしれませんが、実際には成人された方の家出も少なくありません。

家出人が成人の場合

成人者が家出をしており、警察に何らかの形で接触した場合はどうなるのでしょうか。

未成年と違って保護されることも、連絡がされることもないでしょう。

「家族が捜しているから、連絡するように」と言われて終わりというパターンも多いようです。

もちろん事件性があるなど緊急性の高い場合は対応も異なりますが、自立した成人者の場合は、この程度のことしかしてもらえないと考えたほうが良いでしょう。

家出女性が成人している場合は、注意程度で終わることが多いようだ。

また、最近では、既婚女性のいわゆる人妻の家出も増えてきているらしい。

妻が家出をする表面的な理由についてみてきましたが、奥底に眠る本当の理由はどういうものなのでしょう。

端的に言えば、他人と共同生活をすることへのストレスが理由です。

人は生まれてから結婚するまでは基本的に家族と、もしくは自分一人で生活しています。そのため、はじめのうちは血のつながっていない赤の他人(=夫)と毎日生活することに慣れていないのです。

どうやら、少女だけに収まらず、さまざまな年代の女性が家出をしている現状があるようだ。

神待ち少女とは出会えるのか?

結論から言えば、選ぶサイトを間違えない限り可能だ。

神待ち少女と出会うには、近所の神待ち掲示板を使うのがいいだろう。
それぞれにメリット・デメリットがあるので、神待ち少女を探している男性は参考にしてほしい。

近所の神待ち掲示板

全国の県ごとに掲示板が分けられており、自分の住んでいる地域の掲示板に飛んで神待ち少女を探すシステムだ。

近所の神待ち掲示板

メリット
・掲示板形式なので、気軽に完全無料で神待ち少女にメールを送ることができる
・リアルタイムで投稿が表示されるので、今困っている少女を助けることができる
デメリット
・日本中から無料で見れるので、他の男性との競争率が高い

完全に無料で使う事が出来るので、神待ちにお金を使いたくない男性には向いているだろう。

注意点


18歳未満の家出少女には絶対に手を出してはいけない。ダメ、ゼッタイ。

警察が家出少女を捜索することに前向きでないことを逆手に取って、犯罪行為に及んではいけない。
もしもその少女の居場所が突き止められたら、あなたは「家に泊めてあげる優しい男性」ではなく「容疑者」になってしまう。

家出少女を泊める際は、絶対に年齢確認をしよう。
先述したように、最近では成人女性や人妻の家出も増えてきているので、そちらを狙うのもいいだろう。

以上の点に注意して、最高の神待ちライフを送ろう。